スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
:-D
- 2014/10/01(Wed) -
サベージ族の女性・オチャワンも、村の他の若者と同じように考えていた。

20141001000111.png

イプス峡谷の更に山奥に居を構えるサベージ族は、文明や都市を忌み嫌い、

自然信仰と肉体の鍛錬を至上とする生き方を長い間貫いていた。

しかしビスクが台頭し、その都市が豊かになるのを見て、大きな街での成功を夢見て村を出る若者は

年々数を増していった。

20141001001008.png

サベージ族の住処を訪ねるものは少ない。オチャワンが最後に見た下界の人間は、

三年前にやってきた辺境冒険家の男だ。

20141001001324.png

彼が安全な村の近くにテントを張る為に長老の一人、モモヒヒと掛け合った際送った手回し充電式ラジオを

長老は三年間聞き続けたおかげで、長老は全く意味を知らないビスク・ピザチェーン店のCM文句を

それは流暢に話せるようになっていた。

vpXxA3VMDncfsDL1412092193_1412092423.png

オチャワンもまた、そんな村での生活に飽き飽きし、都市での華やかな暮らしに憧れていた。

村を密かに出ると決めた最後の夜、オチャワンの兄は言った。

20141001005908.png

「どんなに貧しくなろうと、飢えようと、決して露店のパン一つ盗んではならんぞ

 いや、それ以上に、決してガード連中に目を付けられるな

 一度捕まっちまえば終わりだ、奴らはサベージ族のモンをまともな裁判にかける気はねえ

 半年前にゲッソリやつれて帰ってきたアゾルの目を見ただろう?

 三年もプリズン・マインに入ってると、ああなるんだ──」




あの時の落ち窪んだアゾルの白目は、灰色に濁っていた。

眼窩の中で鼠色の石が、ごろりと動いたのを今でも忘れていない。

プリズン・マインの坑道で、長い長い間粉塵にまみれ、細かな塵が少しづつ眼に入り込んでいったのだ。


旅立ちの朝、朝日を背に影を伸ばす獣毛天幕の群れへの小さな後悔を、自分の心が強く掻き消すのを感じた。


20141001002909.png












というのは作り話で、6年間パンダのケツしか見ずに遊んでたら、
こぐねぇでプレイしたくもなるんだよ!もんくあっか!って話。



とりあえずのんびり釣りしてみる

20141001003917.png

餌は池に入っているのに!!

「釣り」という「行為」に失敗する!!何故!!




そして釣れても、料理ねえから刺身に出来ねえ!

昔と違って切り身買取なんているわけねえ!


20140928215036.png

諦めて謎の露店商になるオチャワン








20141001013436.png

おお 生きろ・・・そなたはうつくしい








恒例のニッコリドッキリおたよりイラストコーナー:

Byr9XwgCcAEDhrb.jpg

ペペさんの旦那サンがべにおを書いてくれたぞ!嬉しくて心臓がシリから飛び出たぞ!!めっちゃダンディー!
ブログ左上の絵と比べてみよう!例えるなら「鼻クソ」と「ダイアモンド」だッ!

スポンサーサイト
この記事のURL | 雑記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<テラー チャーム : 対象は恐怖に魅入られ、目を逸らしてしまう。 | メイン | めちゃ久々にゲオ入ったらキーボードのUからQだった>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://higepanda713.blog76.fc2.com/tb.php/197-0c1bf31d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。